• くすの樹会の理念
  • 地域に根ざして
  • くすの樹会について
あじさい保育園
園からのお知らせ
2017年10月27日 金曜日

今日は、いよいよ山登り当日!昨日の疲れが出たのか、5時に起きる予定が5時30分に起きてしまい、バタバタの朝からスタートしたカミイさん。

朝ごはんをしっかりと食べ、山登りの準備もし、山登りに出発!

タクシーの中では、ハイテンションで「いまからやまにのぼるんやろ?」と、ワクワクした様子で言っていました。

牧の戸登山口に着くと、山岳ガイドさんに、カミイのシールを帽子に貼ってもらい、カミイ組皆、こころをひとつにして山登りがスタートしました!山登りが始まって少したった所で、「せんせー、まだちょうじょうつかんと?」「つかれたー」と、男の子の声・・・。でも、長い長い階段で疲れた様で、話し声が少なくなり、モクモクと登っていた、子どもたちでした。

まだまだ長い山登りの道のりですが、大丈夫かな?と、心配してしまいましたが、石を何個ものせてある、“あじさいケルン(目印のつみ上げた石)”で、石に興味を持った男の子たちが「かせき!かせきがあった!」と、色々な形の石をさがしながら楽しんでいました。「きょうりゅうのいしがあった!!」と、テンションが上がっていました。平らな道で、「走っていいよ」と言われると、男の子を筆頭に走り出し、山岳ガイドさんの「ストップー!」の声を聞いても、まだ走りたい様子のカミイさん。元気も戻ってきたところで、鼻歌を歌いながら登っていた子もいました(笑)

登る順番も時々変わりながら、前の人に遅れないよう、「まえ、いって!」と、子どもたち同士で声をかけながら、遅れないよう、しっかりとした足取りで歩いていました。

頂上も近くなり、避難小屋で一回目のおにぎり。パクパクッと食べ、「まだたべたかった」と言っていた子も・・・。頂上までは、カバンを置いて、一気に登り、登りにくい岩を、こけないように集中して歩き、もうすぐ頂上!という所で、頂上に着いたと思ったのか、フライングで「ヤッホー!」と、大きな声で言っていたY.Sくん。「まだ頂上じゃないから、まだ取っておき」言われ、頂上に着いた時は、前よりも、もっと大きな声を出して、カミイさん全員と一緒に、「ヤッホー」の声を出していました(笑)

下りでは、男の子を先頭に、ズルッと滑らないよう、気を付けておりて行き、避難小屋で2回目のおにぎりを食べると、さらに元気が出たようで、上りよりも下りの方が、スタスタとしっかり歩いていたカミイさん(笑)

「おりたら、アイスたべるんばーい!」「バニラがいい!」と、下りた時のごほうびで頭がいっぱいの様子でした。調子よく下りているなと思ったら、ズルッとこけて後から、シクシクと涙が出てしまったK.Mくん。「あしがいたい~」と、涙が止まらなくなり、泣きながらも、保育士に手を引いてもらいながら、最後まで歩いて下山することが出来ていました!下山した後も、涙は止まらず・・・。と思っていたら、ご褒美のアイスを注文する時には、いつの間にか泣き止み、ケロッとした様子で、おいしそうにアイスを食べていました(笑)ほかの子どもたちも、念願のごほうびをもらい、疲れていた気持ちも吹き飛んだのか、「ブルーベリー、おいしい!」と、とても喜んでいました!あじさい山荘までの帰りのタクシーの中では、アイスの効果なのか、元気いっぱい話をしていたカミイさん。

あじさい山荘でカバンを下すと、そのまま散歩へ。池の中の魚を見つけ「おった!」と、嬉しそうにしていました。夜ご飯のカレーも、パクパク、おかわりをしながら食べていました。まだまだテンションが高く、パネルの絵(今日の思い出)や「カミイぐみくじゅうとざん」の文字を、一人ずつ、個性豊かに仕上がりました(帰ってからのお楽しみ)(笑)その後は、布団に入ると、疲れが出たのか、全員20分ほどで眠ってしまいました。

明日は最終日。くじゅう自然動物園で、しっかり遊んで帰ります!

松永まどか

2017年10月26日 木曜日

今日は、朝から天気も良く、出発するときからハイテンションな子どもたち! バスに乗り、電車に乗り、変わっていく景色を見ながら楽しんでいました。 最初の黒崎駅に行くまでの電車の中で、じーっと補助席のランプを見ていたS.Yくん。ランプの明かりを、バスの「止まります」のボタンと勘違いした様で、「降りるとき、Yくんがボタンおす!」と、今か今かと待ち構えて、電車のアナウンスに耳を傾けていました。黒崎駅で、ランプをぐっと押せた時には、とっても満足そうな様子でしたよ(笑)

ゆふいんの森号の中では、乗ってすぐに「お弁当たべた~い!」の、お弁当コール。お昼ご飯を食べるには、まだ時間も早かったので、ゆふいんの森号の中を、3人ずつ散策しました。車内を見ながら、「すごいやん!ゆふいんのもりごう、めっちゃはやい!」と楽しんでいると、乗務員さんに制服を着せてもらい、女の子は、首にスカーフを巻いてもらって、ノリノリで車掌さんのマネをして写真を撮りました。記念乗車証をもらい、スタンプを自分たちでおして、楽しみました。念願のお弁当も、パクパクッと完食しました。ゆふいんの森号の中ではしゃぎ疲れたのか、おりる少し前に寝ている子が多かったので、困ってしまいました。

ゆふいんの森号をおりると、豊後中村駅まで、もう少し!「もうつく?あとすこし?」と、ソワソワした様子の子どもたちでした。

豊後中村駅に着くと、タクシーに乗って、リトルカントリーへ。到着すると、すぐにニワトリを見せてもらい、子どもたちは興味津々。小屋からニワトリを出してもらうと、「さわりたい!」「だっこしたい!」の一心で、ニワトリの追いかけっこが始まりました(笑)ブルーベリーをニワトリにあげていた子どもたちでしたが、逆に警戒されてしまい、キックを受けて、ショックで涙が出ていたO.Sくんでした。でも、ピザ作りが始まる頃には、いつもの様子に戻り、ピンピンしていました(笑)

ピザが焼きあがる間に、部屋の隅に“シカの骨の置物”、天井には“ソリ”、“ダンロ”に“えんとつ”・・・。なんと、リトルカントリーは、『サンタのおうち!?!?』と、思ったカミイさんでした。 焼きあがったピザを見ると、子どもたちみんな、とても嬉しそうに食べていました!いつまでもニワトリと遊んでいたいカミイさんでしたが、名残惜しそうに、リトルカントリーをあとにしました。天気が良かったので、あそ山や由布岳を見ながら、明日登る登山口の経由で、あじさい山荘へと向かいました。

あじさい山荘に着くと、男の子から早速お風呂へ。女の子もお風呂に入り、さらにテンションが上がってしまったので、なんと、全員ニワトリの絵を描いていました(笑)今晩、夢にニワトリが出て来るかな・・・?(笑)

さあ、明日は山登り!がんばるぞ~!!

松永 まどか

2016年11月4日 金曜日

11月3日 久住登山 当日!

朝はグーンと気温は下がり、寒い朝を迎えました。

AM 5:00。「おはよう!」の声にみんなの目覚めはバッチリ!準備も1つ1つ確認しながらできました。

  6:45 牧ノ戸に到着

山岳ガイドの市瀬さんに挨拶すると、エルマーのシールを頂き子どもたちはとても大喜び!気合も入り、心のバロメーターも上がりました。

風の強さもありましたが、歌を歌ったり目印を数えながら元気に山頂へ進んでいきました

足取りも軽快でしっかりと前を見て歩いていた元気いっぱいのエルマー組でした。

この時期にしかない、流氷や霜柱など、自然にも触れることができました。

避難小屋に到着しましたが風速が10m以上あったので、ガイドさんが山頂までは厳しいとの判断があり、違う山への山頂に変更しました。

 「ここでおにぎりを1つ食べて山頂を目指そう!」と。。。

しかし、、お腹すいていたのでしょう。1つどころか2つぺろりと食べた子がいました。(笑)

フライングしたのでとても元気になり、みんなを励ましてくれたりと明るくしてくれました。

避難小屋から引き戻って、扇ヶ鼻を目指します!

「頑張ってね!」「あと少しね!」とみんなとの声を掛けあいながら…。

  11:15 扇ヶ鼻 登頂!

とても元気が良く景色がキレイで少し赤くそまった木々に囲まれた中を歩きすすみました

寒さの中、本当によくがんばりました。

 下山したあとの顔は疲れもありましたが、達成した表情をみせてくれました

もちろん、ごほうびのアイスクリーム!

「寒いけどアイスがいい!」とみんなおいしそうに食べていました。

山荘へ戻ってもまだまだ元気な子どもたち

近くを散策してきました

大好きなカレーライスをお腹いっぱい食べてご満悦でした。

寒い中本当によく頑張りました!

みんなに、たくさんの拍手を送ります。

 明日、エルマー組の子どもたちと元気に帰ります!待っていて下さいね

 文責 松岡

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年11月3日 木曜日

11月2日(水)天気は・・・快晴!!

いよいよ、最終便、エルマー組が久住へ向けて出発の日を迎えました。

いつもよりも緊張していた子どもたち。バスや電車で、移動も静か過ぎて・・・いつもの元気はドコへ?と、逆に心配でした(笑)

日田駅での昼食Time。「お腹すいたー」と、ペロリと食べて、パワー回復!

少しずつ、いつもの子どもたちの姿が見ることができ、安心しました。

モニュメントや大きな下駄での写真撮影。ボードで目にしていたので、「スイミーさんと同じだ!」と。

「でも、コッチの下駄はなかったね」と、自慢気でした。

豊後中村駅に到着。小さな地蔵を見つけると「山登り頑張れますように、祈っとこう」と、全員で祈願し、山の神様へみんなの願いを届けました。

初日のおたのしみ・・・リトルカントリーでのピザ作り!の前に自然の中で沢山遊び、少し成長したひよこに触れたり、ブルーベリーの食べ放題と・・・。子どもたちのテンションもMaxでした。

私が夏にお邪魔したときに、ブタのビビアンの話をしていました。

スイミー、カミイの友だちから「いなかったよ・・・」と聞いて、「ホントにおらんのかな?」と、疑っていました。

小屋へ行くなり「ビビアーン」と呼んでも、姿はありませんでした。「天にめされたんだ」と、”命の連鎖”にもふれました。

お待ちかねのピザ作り。

生地のこね方、のばし方と、とても上手にできていました。

トッピングでは、水菜、トマト、チーズ、バナナ、ピーマンなどあり・・・

上手に乗せていた子や・・・ピーマンが苦手な子は乗せるのを控え目にしている子もいました(笑)

・・・20分後、できあがりを見て”おいしそう”と大満足の子どもたち。

自分で作るピザは格別においしかったようです。

帰りは、山の木々からキレイなオレンジ色の夕焼けを見た子どもたち・・・「わぁーすごくキレイ!」と、目をキラキラさせて「明日の山は晴れだね」と、明日を楽しみにしていました。

あじさいの湯に入り、一日目の疲れをとって眠りにつきました。今日はどんな夢を見てるかな?

明日の天気は・・・もちろん晴れです!雨の心配はありません!

寒さがあるようですが、子どもたち10人と一緒に、心を一つにして山登りへいってきます!

 

文責:松岡

カテゴリー: 園のこだわり
2016年10月28日 金曜日

昨晩の雨に心配をしましたが、本日は見事に快晴!!

子どもたちは、朝の目覚めも速やかで、しっかりと準備を行い、久住山へ向かいました。

山岳ガイドの市瀬さんにご挨拶を行い、1人ずつ”カミイロボットシール”を帽子に貼って頂き、頑張る気持ちが増していた、子どもたちです。

登山口へ行き、山の神様へご挨拶。目線は壮大な山々が連なっていました。

序盤のコンクリートの段々を登る時に、脚や身体に手ごたえを感じた様子で「あとどのくらいで着く?」との声もありましたが、「目指すは、あの1番高い山よ!」と、知らせると驚きながらも「がんばるぞー!!」と、

気合いの言葉を出していました。

進んでいくと、岩場の道が登場。

昨日の雨で足場の悪くなっていた道で、時々すべったり、尻もちをつく事もありましたが、段々と登り方や歩み方のコツをつかみ、足を進めていました。

険しい岩場では、友だち同士「がんばって!」と声をかけ、励まし合いながら、気持ちの共有とチームワークを

しっかり持っていた様子でした。

所々の休息では、魔法の水とあじさいゼリーで元気とパワーを増加し、先に進み、頂上までもう少しの地点、

「避難所」まで着きました。

そこで、昼食のおにぎりを1つと魔法の水を食し、リュックを置いて、身ひとつで、いよいよゴールの頂上へと向かいます。

その先は、やはり険しい岩山がありましたが、慎重に進んでい行き、自分自身の力で頂上に登りつめました。

「やっぱり久住は高い山なんだね!」と、前々から聞いていた話を納得していました。

記念撮影を行い、ガイドの市瀬さんより、お菓子を頂き、山頂で食べるお菓子は格別に美味しかった様子です。

下りは登るよりも滑らず、転ばず上手にしっかりとした足取りでたくましさを感じました。

下山後は・・・

園長先生より、ソフトクリームのごほうびをもらい、満面の笑みでペロリ!!

あじさい山荘に戻ってからは、夕食を食べた後、早々と眠りにつきました。

カミイ組のお友だち!本当によく頑張りました。

文責:徳川

カテゴリー: 園のこだわり
2016年10月27日 木曜日

 

今日はいよいよカミイ組の登山の日。

先週はスイミー組が登山へ行った話を聞き、期待を大きく持っていた子どもたち。

朝の準備も自分自身でしっかり行っていました。

電車に乗り、山に雲が掛かっている様子を見て、

「久住の山も、雲の上に山があるって話を聞いたよ?あれが久住山?」

と、高い山を指差して話していました。

「久住の山はもっと高いよ!」と話すと、「えーっ!」とびっくり。

「登山がんばる!」と期待を膨らませていました。

目的地に近づくにつれて雲行きが心配でしたが、

車中では降る雨も、私たちが外に出る時には止んでくれるという天候に恵まれ、

リトルカントリーでは、ブルーベリー摘みや、ひよこにエサを与えたり、

芝生をたくさん駆け回ることができました。

ピザづくりの体験では、生地を自分でまるく伸ばし、チーズや野菜のトッピングを行い、

焼いてもらいました。

出来上がったピザを見て大よろこび!

自分の手で作ったピザは格別においしかった様子です。

 

明日はいよいよ久住山に登ります。

わくわくしながら、少し早めに眠りにつきました。

 

文責:徳川

カテゴリー: 園のこだわり
2016年10月21日 金曜日

今日は天候に恵まれて、絶好の山登り日和でした。

昨日からぐっすり眠っていた子どもたち、「山登り行くよー!」と声をかけると、パッと起き上がり、いそいそと準備をしていましたよ。

牧ノ戸の登山口で、山岳ガイドの市瀬さんと合流し、一緒に登山をスタートしました。

最初のコンクリートの坂道を登った所で「もう着いた??」「頂上だ!」との声も(笑)「これからもーっと登るんだよ!」と言うと、「えぇー!」と言いながらもしっかりと歩みを進めて行きました。

走ってみたり、岩をジャンプして下ってみたり、身体をたくさん動かして進んでいたスイミーさんです。

登っている途中の景色の中で、山のふもと辺りに雲がたちこめているのを見て、「すごい!雲の海だー!」「あの雲食べられそう!わたあめみたい!」と様々にイメージしている子どもたちでした。

後半はちょっぴり自慢気に「がんばってね!」と声をかけていましたよ(笑)

2回目の休憩を経て、避難小屋でおにぎりを1つ食べ、頂上を目指しました。

急な斜面で、進みにくい道でしたが、手も使いながらしっかり踏んばって登って行きました。上がり下がりの激しい道にも負けず、山頂の黒い柱を見つけると、「あ!黒いの見つけた!!」「あそこやん!」と、目を輝かせながらそれを目がけて歩く子どもたちの最後のパワーに驚かされました。

スイミー組の皆で記念撮影をし、山頂の景色を十分に楽しんだ後は、足どりも軽く、下山をしました。

下山中は、疲れた様子も見せず、歌を歌ったり、笑ったりしながらたのしんで歩いていました。

無事、牧ノ戸の登山口まで戻ってくると、園長先生からのごほうびでソフトクリームを買ってもらい、ご機嫌な子どもたち。「わたし、ブルーベリー!」「ぼくは~、ミックス!」と、好きな味を注文し、口の周りにクリームをたくさんつけて味わっていました。

たくさん歩いた後のソフトクリームは格別でした!!

あじさい山荘に帰ってきて、まだまだ元気のあり余っている子どもたちは、周辺をお散歩し、鯉や牛をみつけ、少々興奮ぎみでした。

そして、お風呂に入り、カレーライスを食べて布団に入ると、すぐに寝息が聞こえてきました。18時半にはぐっすり眠っています。

 

明日は最終日。最後まで楽しむぞ~♪

 

文責 歌野

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年10月20日 木曜日

今日から、待ちに待った久住登山が始まりました。

朝の準備のときから、リュックやレインコートをもらって、ドキドキ・ワクワクな子どもたち。

お友だちのお母さんから、全員お揃いの腕輪のお守りをもらい、気持ちを一つに出発しました。

電車の中では・・「〇〇駅から〇〇駅まで、何個の駅があるかな?」との、園長先生のクイズにも、真剣に

取り組んでいました。

道中出会う人にも、きちんと挨拶が出来ていた子どもたちです。

田駅に着くと「お腹した~」「おべんとう、ここで食べるんやろ?」と、いそいそお弁当の準備を始めていた子どもたち。

ぺロリと食べてしまい、『HITA』のモニュメントの所で、一人ひとり記念撮影、次は皆で記念撮影!

「せんせ~とって~!」と変なポーズでも記念撮影。たくさん写真が撮れました。

 

リトルカントリーに着くと、目をキラキラと輝かせて”ビビアン”を捜しましたが・・・残念ながらいませんでした。

ちょっぴり、がっかりした様子の子どもたちでしたが、夢中になってブルーベリーを食べたり、アスレッチで遊ぶと、待ちに待ったピザ作り・・・。

生地を広げて、ピザソースを塗り、「これもー!」「もっとのせよ~!」とモリモリトッピングを乗せていました。

焼きあがったピザをおいしそうに、ほおばっていました。

そして、あじさい山荘に帰ってくると、楽しみにしていた温泉に入り、身体をじっくり温めて布団に入りました。

興奮気味でなかなか眠れない子もいましたが、ヒソヒソ声もだんだん聞こえなくなり、寝息が聞こえていました。

21時前には、皆寝ました。

明日はいよいよ山登りです!

スイミー組、頑張るぞー!!

文責:歌野

カテゴリー: 園のこだわり
2015年10月16日 金曜日

さあ、いよいい登山の日を迎えました!

子どもたちの目覚めはバッチリ!準備も早くでき、山へ出かけたい一心でした。

牧ノ戸峠登山口に到着。山に挨拶をして6:50登山開始!

子どもたちの足取りはとても軽やかで、スピードもカミイさんよりも上回っていたようです。

それを聞くと「よっしゃ!」とエンジンがかかり、山頂を目指しました。休憩をする度に「もうついたん?」と思う子もいたようで「まだよ、この山のむこうよ。」と言うと「・・・」答えが返ってこないことも・・・(笑)

標高が高くなってくると、「すごい!家が小さい!」「雲の上におる!」と景色を楽しんだり、山にしかない植物や虫たちにも興味を示していた子どもたち。園長先生におみやげ・・・ということで、「雲を持って帰ろう!」といっていたのですが、「どうしたらもって帰れるか?」「手に届くには・・・?」と考えていた子どもたちでしたが、「できんからごめんなさいだ~」とがっかりしている子も。

避難小屋で、最後のパワー充電でおにぎりを食べると、口数が少なかった子どもたちは復活して、山頂へ向かいました。しりもちをついたり、こけてしまうと「大丈夫?」と心配したり、「フレーフレー」とエールを送ったり助け合う姿も見られました。「エルマー組は11人!心は一つ!」と子どもたちが呪文のように唱えて・・・

久住山山頂へ到着!カミイさんよりも早くついたことで、二重の喜びでした。山頂に着くと「よく頑張った!」とお互いをねぎらいましたが・・・「さあ、下りるよ!」と声掛けすると・・・「そうよね、下りるんよね」と登った!とのことで終わりと思った子どもたち(笑)それからもペースは変わらず、戻ってきました。

疲れも見られていましたが、最後の難関のはしごを楽しみにしていたお友だちもいて、「はしごは?まだなん?」と待っている姿もあり、一人ずつ登っていくと、「高い!怖くなかった!」と満足でした。牧ノ戸峠のと登山口が見えてくると、園長先生が出迎えてくれました。みんな、ただいまと元気な声で言えましたよ!

何よりも楽しみだったのは、ごほうびのソフトクリームでした。山に挨拶するとお店へバーッと走って「これがいい!」頼んでいました(笑)「おいしい!」と大事にそうに頼んでいた子どもたち。売れしかっらのがすごく伝わってきました。ほんとに良く頑張ったエルマー組!今回の登山を通して、やり遂げた達成感、みんなと助け合う事など学んだことと思います。山登り後の子どもたちの姿がどのように変化するか・・・どのように成長しているか・・・

これからとても楽しみです!今日はみんなすぐに眠りについていた子どもたち。どんな夢を見ているかな?

明日はみんなと一緒に帰ります!待っていてくださいね。

 

文責:松岡

 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年10月15日 木曜日

いよいよ最終グループのエルマー組が山登りへ向けて出発。スイミーさん・カミイさんから、山登りの話を聞いていたこともあり、「早く行きたい!」と言っていた子どもたち。

楽しみにしていたのがすごく伝わってきて、いつも以上に気分はハイテンションでした。

電車やバスの中から山がたくさん見えるたびに「あれが久住山?」と山=久住と思ったようで、探す姿が多かったです(笑)日田駅での昼食後・・・「早く見たいね!」とSWEET TRAINを待っていたのですが、残念な事に見る事が出来ませんでした。今週からは長崎へ移動しているとのことで、子どもたちは「あら・・・」とした表情でした(涙)あじさい山荘までの道のり、葉の色づき、まつぼっくりや栗の殻を見つけて小さなおみやげも手にしているお友だちもいました。

リトルカントリーでの楽しみは、ピザ体験&ブタのビビアン・ジョニーに会う事。まずはビビアン・ジョニーに挨拶・・・しかし呼んでも小屋から出てきません!みんなで呼びにいくと・・・

「わあ!いのししがおる!」とあまりの大きさにびっくりして、慌てて入り口に戻っていきました。「いのししではなくブタよ!」ブタにも牙があるのですが、子どもの頃に牙をそぐのを忘れ、一匹だけ牙が残っていたので、間違えたのでしょう。

ピザ作りも各自で生地からのばし、トッピングをしました。それぞれ美味しそうなピザが出来上がり「ピーマン苦手・・・」でも少し食べると「味が苦くない!」と発見しながら早いスピードで食べていました。

ニワトリの卵拾いや、ブルーベリー摘みなどもでき、貴重な体験も出来ました。

あじさい山荘への帰り道、とても大きな夕日が見えました。「わあ!きれい!真っ赤な夕日だ!」「海におりようね!」と言いながら「明日は晴れ!山に登れる!」と気合を入れていました。

山登りに向けて、とてもドキドキ&ワクワクの子どもたち。心を一つにしてみんなで登頂したいと思います!

PS・明日の事が心配でなかなか寝付けない子どもたちでした・・・

文責:松岡

 

 

カテゴリー: 園のこだわり